債務整理情報ガイド

債務整理Q&A

個人民事再生Q&A

ご覧になりたいQを押すと回答が表示されます


Q.個人民事再生を利用する事によりどれくらい借金が減るのでしょうか。

 

A.借金の総額が5分の1になるのが一般的です。(複数の要因があるので、一概には言えません)

ただし、100万円未満まで減らすことはできませんし、財産や生活に余裕がある場合は5分の1まで圧縮されないケースもあります。当事務所ではどこまで借金が減るかのシュミレーションを無料で行っておりますのでお気軽にご利用いただければと思います。

 

Q.個人民事再生を利用することで財産もなくなってしまうのですか?

 

A.財産は原則すべて残す事ができます。

自己破産は、すべての借金の支払い義務が原則免除されるため、ご自身の財産も債権者に分配する必要があります。借金がなくなるのに財産だけ残せるというのは公平ではないからです。

しかし、個人民事再生は減額こそされるものの、今後も借金の支払いが3年~5年継続されます。そしてその返済は今後の収入をもって返済原資としますので、現在お持ちの財産を処分する必要はありません。

ただし、車や不動産に抵当権等の担保がついている場合は、債権者に特別な権利が認められているため処分する必要性があります。(もっともこれにも更に例外があって一定の要件を満たす住宅ローン付マイホームは抵当権がついていても財産として残せます)。

 

Q.家族に秘密で個人民事再生を利用することはできますか?

 

A.難しい場合もあります。

ご家族の方と別居されている場合は、問題なく秘密で進めていくことができます。しかし同居されている場合は、裁判所から同居人の給料明細等について提出を求められる場合があります。

そのため、どうしてもご家族に知られたくない場合は任意整理ができるかを検討する必要があるでしょう。

 

Q.個人民事再生が認可された場合、自分自身で各業者に返済していく必要があるのですか?

 

A.代行での返済も可能です。

たとえば10社くらい債権者がいる場合、各債権者に返済していくのは煩雑ですし司法書士に認可後も管理してもらいたいという場合もあります。当事務所では、毎月の管理手数料はかかりますが、全債権者の返済分を司法書士の管理口座の方に毎月お振込みいただければ、その後の各業者の返済や連絡等をすべて代行させていただいております。

 

Q.ギャンブルが原因の借金でも個人民事再生を利用することはできますか?

 

A.できます。

自己破産では、ギャンブルが免責不許可事由とされていますが(破産法252条1項4号)個人民事再生では、このような規定がないためギャンブルが原因の借金でも利用する事ができます。

 

無料相談フォーム